未解決事件簿
未解決事件簿
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
城西小学生失踪事件
城西小学生失踪事件(ソンソしょうがくせいしっそうじけん)は、1991年3月26日に大韓民国大邱広域市達西区に住んでいた5人の小学生が失踪した事件である。「カエル少年事件」とも呼ばれる(理由は後述)。
事件直後から警察や軍を動員して捜索活動が行われたが、2002年に白骨死体として発見されるまで、全く捜査の糸口が掴めなかった事件であった。「カエルを捕まえに行く」という最後の言葉が脚光を浴びたことから、失踪小学生は通称「カエル少年」と呼ばれている。


【事件の概要】

1991年3月26日、大邱の城西国民学校(小学校)に通っていた5人は、「(近くの)臥竜山にカエルを捕まえに行く」と家を出たきり戻って来なかったため、親たちは失踪届を出した。
必死の捜索活動にも関わらず、失踪小学生の行方は杳として知れなかった。韓国国民の関心も高く、1992年11月には『帰ってこいカエル少年』という映画まで製作された。
事件発生から11年が経過した2002年9月に、失踪小学生のものと思われる4体の白骨死体が臥竜山で発見された。検死の結果、道に迷っての遭難や転落などの事故ではなく、何者かによる他殺であることが判明した。
しかし、犯人が誰であるかは不明のまま、2006年3月25日に時効が成立した。また、残る少年1名の行方も分かっていない。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。