未解決事件簿
未解決事件簿
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岐阜市衆議院議員事務所放火事件
岐阜市衆議院議員事務所放火事件(ぎふししゅうぎいんぎんじむしょほうかじけん)とは、2007年8月に岐阜県岐阜市で発生した放火事件。容疑者は検挙されておらず、2011年11月現在未解決となっている。


【概要】

2007年8月10日午前3時15分ごろ、岐阜市加納新本町にある自民党所属の衆議院議員・野田聖子の事務所から煙が出ているのを、警備会社の110番通報で駆けつけた警察官が発見して、消防に通報した。火は約30分後に消し止められた。事務所内の机を中心に約15平方メートルが焼けたものの、けが人はいなかった。
捜査本部のある岐阜南警察署の捜査によると、事務所南側の窓ガラスが割られ、鍵が開けられた形跡があり、パソコンなどを盗まれる被害にもあってこともわかった。さらに事務所からは灯油の成分の反応が検出され、犯人は事務所に侵入し証拠隠滅を意図して事務所に灯油をまいて火を付けた可能性があると見ている。
さらに捜査本部のその後の捜査で、犯行のあった10日朝、被害に遭った野田の事務所近くと、自民党の衆議院議員・佐藤ゆかりを支持する岐阜市選出の県議の自宅近くなどで、野田と佐藤を取り上げた週刊誌のコピーが数枚ずつ落ちていたことが分かった。同捜査本部は、コピーを押収し、事件との関連を調べている。
その後、事件現場となった野田の事務所は改修工事を終え、事件から約2ヵ月後に事務所業務を再開した。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。