未解決事件簿
未解決事件簿
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
板橋区小茂根五丁目アパート内強盗殺人事件
板橋区小茂根五丁目アパート内強盗殺人事件(いたばしくこもねごちょうめアパートないごうとうさつじんじけん)とは、2004年3月に東京都板橋区小茂根5丁目で発覚した殺人事件である。2011年11月現在で未解決。


【事件の概要】

2004年3月24日 午後1時ごろ、知人が東京都板橋区小茂根5丁目にある、当時57歳の男性宅(アパート)を訪問したところ、鍵が開いており、不審に思いながら部屋の中に入っていくと、台所で男性がGパンにジャンパー姿で靴を履いたままの状態で胸を刺されて血を流して倒れているのが見つかり、発見時には既に死亡していた。遺体のそばには血の付いた包丁が落ちていた。
被害者宅はベランダのサッシが外側から割られており、室内はタンスや押入れが荒らされていた。さらに玄関のあがりかまちにはコンビニの買い物袋が置かれており、買い物袋の中には2月29日午後10時前の刻印があるレシートが入っていた。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。