未解決事件簿
未解決事件簿
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
池袋駅構内大学生殺人事件
池袋駅構内大学生殺人事件(いけぶくろえきこうないだいがくせいさつじんじけん)とは1996年4月11日、池袋駅の山手線外回りホームで立教大学の学生が男にからまれ、暴行を受けた末に後頭部を強打して死亡した事件である。
この事件では被害者の父親が賞金を懸け情報を収集するなどしているが、2011年12月現在、未だに事件の解決には至っていない。池袋駅には犯人の似顔絵が張られている。

【事件の概要】

1996年4月11日午後11時30分頃、池袋駅の山手線外回り7・8番線ホームで当時立教大学学生であった男性(当時21歳)が男に顔を殴られ転倒した際、後頭部を強打し、5日後に収容先の病院で死亡した。目撃者の証言によると、犯人はその後、山手線で日暮里駅方面に向かい、その後見失ってしまったという。
被害者の男性は帰宅途中で犯人の男と何らかのトラブルに巻き込まれたとみられている。
初めは傷害致死事件として扱われていたが、2002年7月に被害者の父親が3万5000人分の署名と公訴時効延長を求める嘆願書を法務省に提出した。その結果、傷害致死罪の公訴時効(7年)成立直前の2003年3月に容疑が殺人罪(当時15年・2010年6月時効撤廃)に切り替えられた。
2010年4月に警察庁の捜査特別報奨金制度対象事件となった。


【犯罪被害者家族の会】

この事件の遺族である被害者の父親は、事件発生十年となる2006年、他の犯罪被害者の遺族らに参加を呼び掛け、「犯罪被害者家族の会 ポエナ」を発足させた。ポエナ(poena)とは刑罰を意味するラテン語。
犯人が依然として逮捕されていないというこの事件の特徴から、殺人事件など凶悪事件の時効の延長を求める活動(アメリカでは第一級殺人罪に公訴時効はない)や、犯人の情報提供を求めることなどが主な活動内容となっている。
2010年4月27日、殺人罪の公訴時効廃止などが盛り込まれた刑事訴訟法並びに刑法の改正案が成立し、即日施行された。この法改正は施行時に公訴時効を迎えていない過去の未解決事件にも適用されることになったが、同会は時効の延長・廃止の時効進行中の事件に対する適用が近代刑法の原則である法の不遡及に反する可能性があることから、公訴時効の廃止を要望していたものの遡及適用については一貫して反対している(池袋駅構内大学生殺人事件自体の時効停止は要望していない)。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。